今日は楽しいお勉強の日

某通信制大学を一科目だけ受けています。
とても楽しくて、刺激になっていい感じ。
なんとなく「なにか」を勉強したくて、資格でも取ろうかと思ったものの、興味のあるものがなく……。
そんなわけで、通信大学を選択してみました。
生涯学習が目的なので、科目はひとつだけ。
それでもとても楽しいんです。
知らなかったことを知るのは面白いですし、なにより「知らなかった事実」が存在することもわくわく!
授業のたびに「へー!!」ってなるのがいいんですよね。
在宅での授業以外にも、センターに出向いてゼミナールを受けることもできるシステムになっています。
面白そうなものがあったので、ひとつ講座をとってみました。
私が選んだのは、とある博物館に収められている宝物についての授業。
ただし、月に一回しかないんです。そこが残念ですが、先生は他にもお仕事されてますしね。
だからその授業がある日は前日から楽しみで仕方ありません。
思えば大学生時代「学ぶこと」への熱がどれくらいあったかなぁ……。
授業に来ている人たちは、年齢もさまざま。とっている科目のせいか、比較的年齢層は高めです。
でも、皆さんとても勉強への熱がすごいんです。
先生が話すことをとても熱心に聞いておられます。もちろん、私も。
授業時間は普通の大学と同じように1時間45分くらい。
学生のころは、この時間が長く感じることもあったなぁ……と毎回思います。
でも、今になって「学びたい」と思って出向いてみると、1時間45分はむしろ短いです。
「お願い!30分延長して質問タイム作って!」と願うこともしばしば。
しかし、授業の回数が少ないこともあって、内容がびっしりなので常に時間は足りません。
授業が終わると、何人かの生徒さんが先生に質問に行ったりします。
私も授業で「ここ、もう少し知りたい」と思ったところは、先生に聞きにいきます。
おなじ志の人たちとおなじ空間にいること自体も心地良いひとときだったりします。
ちなみに今期にとった授業はめでたく単位取得となりました。
次も授業をとったので、何を知れるか楽しみにしています。